商品のご紹介

仏具新商品 -

鏧子(けいす)の作業工程

お問い合わせはこちら

状況により商品の入荷が困難になる場合が有ります。
また予告無く商品の仕様が変更になる場合も有りますのでご了承下さい。

鏧子(けいす)について
鏧子(けいす)は、黄銅という一枚の四角い厚板を昔ながらの鎚起技法により、底部は薄く、縁の方へ行くに従い厚くなるように、少しづつ丁寧に鍛いて伸ばしていきます。

地金が固くなれば、火にかけ焼きなましてから、また鍛いていきます。
この作業を何度も繰り返し造り上げていきます。

そして形が出来上がりましたら、ゆったりと力強く余韻が鳴り響くように音入れをします。

そして最後に、特殊な液に漬け煮沸することにより、地金全体に発色させ、その上から漆を塗り、焼き付けて着色をします。
 

毎日、柔らかいきれいな布で拭いていただければ、日にちが増すごとに良い色になって参ります。

また鏧子(けいす)を鳴らされる際にも、たたく箇所を少しずつずらしながら、まんべんなくたたいていただけましたら、より一層永くご使用いただけます。

大事にお使いくださいますればこの上なく幸甚に存じます。 合掌
お願い
商品についてのお問い合わせの際は、商品名をご記入下さい。

動画を見る

前のページ

カテゴリーの一覧へ戻る

次のページ